サブリースを知る | 収益不動産を見つけて利益を獲得しましょう。
都会の街並み

サブリースを知る

自分が所有している賃貸マンションを、特定の業者に一括して賃貸してしまう方法があります。この方式による賃貸経営をサブリースと呼びます。サブリース業者に一括で不動産を賃貸した場合には、あらかじめ契約で定められている賃料が毎月オーナーの懐に入ってくることになります。実際には、賃借人が見つからず空室になっているケースもあるわけですが、空室の有無によってオーナーの元に入ってくる賃料の額が変わるようなことはありません。また、賃貸経営にまつわる煩わしい管理業務の全てをサブリース会社が担当することになりますので、オーナーは何もする必要がありません。物件を提供するだけで毎月安定的な収入を得ることができるようになりますので、多くの人がサブリース契約を結んでいます。ただし、業者の中には清掃費や修繕費用などをオーナー負担としているところがありますので、契約内容をきちんと確認する必要があります。

老後の生活資金を確保する目的で、退職金をつぎ込んで賃貸アパートを建て、大家業を営む人が昔からたくさんいました。自宅からほど近い場所に賃貸アパートを建てて、家賃の集金や共用部分の清掃業務などは大家自らが行い、入居者の募集だけは不動産業者に頼むという形を取る人が大半だったのですが、近年ではその形が大きく変わってきています。大家業を定年退職後の第二の仕事と考えるのではなく、純粋な資産運用方法の一種として考える人が多くなってきました。その結果、確実な投資資金の回収方法としてサブリース契約を結ぶ方法を選択する人が多くなりました。賃貸物件を一括して借り上げてもらえるサブリース契約であれば、空室が出るたびに頭を悩ませる必要がありません。また、毎月一定額の収入が保証されていますので、生活設計を立てやすくなります。