都会の街並み

新築か中古

収益不動産のリスク回避方法

収益不動産では、入居者がいない事には収入が得られません。入居者が決まってほっとする気持ちも分かります。ですが、待って下さい。家賃を毎月払ってくれるか分かりません。滞納する人かも分からないのです。ですが、このリスクの回避方法があります。滞納しそうな人を入居させないくらいの厳しい審査にするという事です。不動産を借りる際には、住民票、現在の負債、現在の勤務先などの情報を提出します。その書類が手元に届いたら、入居させるかどうか慎重に行えば良いのです。そして、連帯保証人がいるかどうかも大事です。滞納している際には、まずは催促の電話もしくは書面で滞納している件を郵送します。それでも連絡が無い場合、連帯保証人に連絡する事になるからです。その連帯保証人の確認も重要になるのです。

安心を得られる滞納保証サービスを利用しよう

安定した収入を生むことで人気の収益不動産。収益不動産と安心してつき合うには、審査を厳しくするという方法を提案しましたが、それでも不安な人もいますよね。そんな人にお勧めなのが「滞納保証サービス」です。滞納保証サービスは、収益不動産のオーナーにとって非常に安心のサポートとなります。このサービスは、滞納している家賃を入居者にかわって保証会社が立て替えてくれるというものです。このサービスに入れば、滞納などの不安が解消されるのです。保証会社によっては、水漏れや騒音トラブルに関しても請け負ってくれます。こういったトラブルは、手間や時間がかかる上、精神的にも参ってしまいます。もちろん費用はかかりますが、安心には代え難いと言えます。こういったサービスを利用する事でリスク回避が出来る事を知っていると安心できますね。